内反小趾とは
  1. 症状:

    • 小指の付け根(第一関節)が内側に曲がります。
    • 小指が他の指に寄り添っているため、足の外側に小さな突起ができることがあります。
    • 靴との摩擦や圧迫により、痛みや不快感が生じることがあります。
  2. 原因:

    • 遺伝的な要因が影響する可能性があります。
    • 足の形状や筋力の不均衡が影響することがあります。
    • 靴の選択や履き方も影響を与える可能性があります。
  3. 治療:

    • 軽度な場合は、適切な靴の選択や足のエクササイズが有効な場合があります。
    • 症状が進行している場合や痛みが強い場合には、医師の指導のもとで治療を行うことが重要です。
    • 特定の場合には手術が検討されることがあります。
  4. 予防とケア:

    • 適切な靴の選択が重要です。つま先が広く、適切なアーチサポートがある靴を選ぶことが勧められます。
    • 足の筋肉を強化するためのエクササイズやストレッチが役立ちます。

内反小趾が症状を引き起こす場合は、早期の診断と適切な治療が重要です。

トップへ戻る