外反母趾とは
外反母趾(がいはんぼし)は、足の親指の付け根(足の外側)で発生する一般的な足の異常の一つです。正式な医学用語では「外反母趾症」とも呼ばれます。以下は、外反母趾に関する基本的な説明です。
  1. 定義と特徴:
    • 外反母趾は、足の親指(母趾)が体の中央よりも外側に向かって曲がる異常です。
    • この状態により、親指の付け根が外側に突き出し、足の形が変形することがあります。
  2. 原因:
    • 遺伝的な要因が関与する可能性があります。
    • 靴の選択や履き方、足の形状、足の筋肉の弱さなども影響することがあります。
  3. 症状:
    • 親指の付け根が腫れていることがあります。
    • 足の外側にできるこぶ(骨質隆起)が痛みの原因となります。
    • 靴の摩擦や圧迫により、痛みや赤みが生じることがあります。
  4. 診断と治療:
    • 医師が患者の足の形状を評価し、必要に応じてX線などの検査を行います。
    • 軽度な場合は、靴の選択や特定の足のエクササイズなどで管理することができます。
    • 進行が著しい場合や痛みが強い場合には、手術が必要なことがあります。
  5. 予防とケア:
    • 適切な靴の選択が重要です。つま先が広く、適切なアーチサポートがある靴が良いです。
    • 足の筋力を保つために、足のエクササイズやストレッチを行うことが役立ちます。
   
トップへ戻る